二ヶ領用水・六郷用水・小泉次大夫年譜
 (3列目は小泉次大夫の年齢)  
西暦年代年齢事    項
1539天文 8 1 駿河国富士郡小泉郷、今川家の樋代官13代目・植松素清の長男として生まれる。
1568永禄1130今川氏滅亡、植松父子ともに武田氏に編入される。
1582天正1044次大夫は徳川軍・井伊直政隊の下に加わり、3月駿河富士川から甲州への武田攻めで活躍、 軍功をあげ家康に認められ領地750石と小泉姓を賜る。 6月2日、本能寺の変
1589天正1751多摩川が大洪水を起こし、上丸子村と世田谷領沼部村とが境界論争をおこす「虎の印判状」
1590天正1852小田原城落城、天下統一。 8月家康に従い川崎入り。多摩川両岸開発奉行を内命される。 前年に続いて6月に多摩川が大洪水を起こし、南流路が大きく北に移動した。
1591天正19

文禄 5
53次大夫は用水奉行任命以来(1590年~1596年)7年間、腹心の水利土木技師達と共に 多摩川本流と支流、及び六郷領・世田谷領・川﨑領・稲毛領をつぶさに視察して、用水開削 の構想を練った。(天正17・18年の洪水による旧流路の再利用も考慮する)
1596慶長 158充分な事前調査に基づいた「用水開削計画」を徳川家康に進言して計画が公認される。
1597慶長 2592月3日荏原郡安方村(大田区東矢口)の名主・兵庫宅に六郷領の名主を招集し、用水開削 を説明して測量の実施を告げた。六郷領より測量開始6月20日六郷用水で最大難所、嶺村の 測量で亀甲山(かめのこやま・東急東横線、鉄橋の上流)からの取水は不可能と発表。
6月下旬、富士信仰の浅間神社の祭神であるコノハナノサクヤヒメ(木花之咲耶姫命)から 「この地からの取水は悪所なり」とのお告げによる、という大芝居を演出して亀甲山取水 案を、11Km上流の和泉取水案に変更することを世田谷藩と世間を納得させる。
この頃、次大夫は小杉に正式な陣屋を設け測量を指揮する。
1598慶長 36012月5日をもって左右両岸の測量、杭打ち完了。 豊臣秀吉死亡。
1599慶長 4611月5日六郷領道塚村(新蒲田)南掘から工事開始。川﨑領と3ヶ月ごと交互に工事は進展。
1600慶長 562関が原の戦い。 六郷用水最大の難工事と言われた「嶺村の切通し」で「女掘」を発案。
川﨑領は順調に進む。六郷の鵜の木~嶺村切通し~下沼部までの難工事は堅い岩盤を7m も掘り下げる。1日6.8m、2.3kmを切通すのに2年間、338日を要した。
1601慶長 663小泉次大夫は稲毛領、川﨑領、六郷領、をはじめ神奈川領、子安領、小机領の代官に任命 される。これをもって用水工事の差配裁量の権限が広がった。(世田谷領を除く)
9月23日、六郷用水最大の難工事を終え下沼部村境に達する。
1602慶長 764川﨑領の開削完了。世田谷領は難所を越え、下沼部~上沼部を開削。
1603慶長 865江戸幕府開く。家康征夷大将軍となる。 世田谷領は等々力村~小山村を経て上野毛村まで。
1604慶長 966世田谷領は上野毛村~12月に喜多見村境まで。稲毛領の工事は快調に進展。
1605慶長1067正月9日家康は次大夫に「人夫役黒印状」を与え、私領、寺社領からも人夫動員が可能に なった。喜多見村から和泉村取水口までは立川段丘を開削する難工事で、慶長9年10月 から14年4月までかかった。当時、喜多見村は喜多見氏領で領主の協力が必要であった。 小泉次大夫は和泉村にも陣屋を設け、喜多見村~和泉村の難工事を指揮した。
1606慶長1168六郷用水は大蔵村~和泉村を開削。稲毛領は堰・宿河原に達し、仮取水口設置工事に入る。
1607慶長1269徳川家康66歳で駿府城に移る。 堰・宿河原仮取水口から取水を始める。
1608慶長1370用水開削は大詰めを向かえる。六郷用水は和泉村取水口。二ヶ領用水は中野島取水口へ。 徳川秀忠、小杉村に小杉御殿を新築。大御所を迎え鷹狩りの際、二ヶ領用水開削を視察。
1609慶長1471用水開削は大詰めを向かえる。六郷用水は和泉村取水口。二ヶ領用水は中野島取水口へ。 徳川秀忠、小杉村に小杉御殿を新築。 大御所を迎え鷹狩りの際、二ヶ領用水開削を視察。
1610慶長1572六郷・二ヶ領ともに本流から村々への分水小堀の開削に入る。また本流の浚渫作業。
1611慶長1673六郷用水・二ヶ領用水は2月28日に竣工する。六郷領35ヶ村・二ヶ領60ヶ村を灌漑する。 徳川家康はこの功績を賞して、本領のほか本田・新田の1割が新たに支給された。
1612慶長1774代官職と領地を、すべて嫡子・吉明に譲り、小隠居。
1615元和 177大阪夏の陣、豊臣氏滅亡。 嫡子吉明大阪夏の陣参戦37歳で病死。次大夫は代官職に復帰。
1616元和 2784月17日、徳川家康死去、享年75歳。 次大夫は剃髪入道して宗可と号す。
1619元和 581代官職を養子・吉勝に譲り、川﨑領砂子の妙遠寺に隠居する。
1623元和 98512月8日、小泉次大夫死去、享年85歳。妙遠寺に葬られる。
 
その後 小泉次大夫没後、代官職は養子吉勝の代で御家断絶。小泉家の水利事業も絶える。
小泉郷の植松家は明治時代まで樋代官を務め、その長屋門・住居が富士市立博物館で展示。
[an error occurred while processing this directive]